ブログ

国保など保険料への金融所得の反映を検討開始

厚生労働省は令和6年4月25日、自民党プロジェクトチームの会合で国民健康保険や後期高齢者医療制度、介護保険の保険料算定に株式の配当などの金融所得を反映する仕組みの検討案を示した。
現状の確定申告しなければ保険料が減る仕組みに不公平との指摘があり、政府は令和10年度までに是正について検討するとしている。確定申告していない金融所得の把握方法として、金融機関が国税庁に提出する書類の活用などが挙がっている。
健康保険の保険料算定に反映するかも、今後、検討課題にのぼる可能性がある。

関連記事

  1. 令和5年度の有効求人倍率は1.29倍 3年ぶりに低下
  2. 介護保険料が月6,225円に上昇
  3. 企業の障害者雇用100万人突破
  4. 育児・介護休業法改正案 審議入り
  5. 営業秘密漏洩に関する相談が最多に
  6. 指針で介護離職防止を要請 経済産業省
  7. 令和5年版 労働経済白書
  8. テレワーク中の長時間労働で労災認定

お気軽にお問い合わせください

LINEで相談したい方は

友だち追加

  

これまでの記事

PAGE TOP