ブログ

育児・介護休業法改正案 審議入り

令和6年4月11日、育児・介護休業法改正案が衆院本会議で審議入りした。企業に対し3歳以上小学校就学前の子を養育する労働者が多様な働き方ができる制度の導入を義務付ける。子の看護休暇は対象となる子の年齢を引き上げ、取得できる事由を子の行事参加等(運動会などの行事は除く)に拡大する。
今国会での成立を目指し、令和7年4月以降順次施行される。

関連記事

  1. 指針で介護離職防止を要請 経済産業省
  2. フリーランスの育児介護配慮「6カ月以上」の委託で義務化
  3. 営業秘密漏洩に関する相談が最多に
  4. 国保など保険料への金融所得の反映を検討開始
  5. 育児・介護休業法改正案 衆院通過
  6. テレワーク中の長時間労働で労災認定
  7. 令和5年度の有効求人倍率は1.29倍 3年ぶりに低下
  8. 社員の健康増進を図る中小向け補助金創設

お気軽にお問い合わせください

LINEで相談したい方は

友だち追加

  

これまでの記事

PAGE TOP