ブログ

令和6年度 年金額改定 基礎年金満額80万円超えだが・・・

令和6年度の年金額改定について厚生労働省から発表がありました。年金額は毎年度、物価や賃金の変動に伴い、見直しが行われます。

令和6年度の金額は、令和5年度に比べプラス2.7%となりました。受給額は、老齢基礎年金の満額と障害基礎年金2級は同額となっていますので年額816,000円、月額68,000円)
*障害基礎年金の子の加算については、未発表です。

しかし、給付を抑制する「マクロ経済スライド」が発動し、実質では目減りとなっています

「マクロ経済スライド」とは、公的年金被保険者の変動と平均余命の伸びに基づいて、
スライド調整率を設定し、その分を賃金と物価の変動がプラスとなる場合に改定率から
控除するもので、この仕組みは、平成16年の年金制度改正により導入されました。
マクロ経済スライドによる調整を計画的に実施することは、将来世代の年金の給付水
準を確保することにつながります。

また、在職老齢年金の計算に用いる「支給停止調整額」は、令和5年度の48万円から令和6年度は「50万円」に引き上げられています。(働きながら老齢年金を受給されている方にとっては、緩和要件です)

その他、令和6年度・令和7年度の国民年金の保険料額、年金生活者支援給付金、児童扶養手当なども発表されています。

詳しくは、こちらをご覧ください。
令和6年度の年金額改定について(厚生労働省)

関連記事

  1. 事後重症請求とは
  2. 初めて2級とは
  3. 障害年金のサポートで心がけていること
  4. 社会保障制度に感謝と恩返し 私自身の障害年金受診歴
  5. 障害年金の制度改正に向けた議論が行われました。
  6. 厚生労働省が障害厚生年金請求書の記入方法を動画で解説しています。…
  7. 初診日の障害年金制度の種類について
  8. 精神障害者保健福祉手帳の申請

お気軽にお問い合わせください

LINEで相談したい方は

友だち追加

  

これまでの記事

PAGE TOP