ごあいさつ

ごあいさつ

 ごあいさつ

当事務所のホームページをご覧いただきありがとうございます。

はじめまして。大阪府泉佐野市の社会保険労務士、前川俊輔と申します。
私は過去にうつ病パニック障害を患い、長い間苦しみましたが、「人との出会い・障害年金の請求」が大きな転機となりました。
40代で再スタートを決意し、「支援される側からする側へ」という想いを大切に前川社会保険労務士事務所を開業させていただきました。

これまでの人事総務業務・精神疾患の当事者としての経験を活かし、数ある社会保険労務士事務所の中から、ここを選んで本当に良かった!と言っていただけるような「地域密着型」の事務所を目指しています。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

令和5年8月4日
社会保険労務士・精神保健福祉士・社会福祉士 前川 俊輔

 障害年金業務を始めた2つの理由

 1つめは、障害年金制度に対する「感謝」です。障害年金を受給してからは、素直に自分の傷病と向き合うことができるようになり、少しずつではありますが症状が回復しました。そして、何か始めてみようという前向きな気持ちが開業へと導いてくれました。

おかげさまで症状は安定し、開業前に障害年金の受給は終わり、精神障害者保健福祉手帳は泉佐野市の地域共生推進課に返納させていただきました。

 2つめは、障害年金の請求を決意した時から結果に至るまでの長い期間、色々と辛い出来事がありました。「自分と同じような思いをさせたくない」という強い気持ちだけを糧に、一度はあきらめた社労士試験を令和2年に8年ぶりの再受験(5度目)をしました。

そして、うつ病を患った経験から「障害の理解を深めたい」という志望動機で2年間、大阪保健福祉専門学校の夜間クラスに通い続け、令和5年3月に卒業。障害年金の請求で悩みを抱えた「お客様をサポートさせていただきたい」という一心で、令和5年8月4日に新たなスタートをきることができました。

 私の想い

「人生 生き抜くには、息を抜く」のも大事です。しんどい時はゆっくり休んでいいんです

私でよかったらあなたの力になりたいと思います。どうぞ肩の力を抜いてお気軽にご相談ください。  

 主な活動エリア

  • 大阪市
  • 大阪府泉州エリア(堺市、高石市、泉大津市、和泉市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、熊取町、泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、岬町)
  • 大阪府河内エリア(枚方市、寝屋川市、守口市、門真市、交野市、四条畷市、大東市、東大阪市、八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、羽曳野市、富田林市、太子町、河南町、千早赤阪村、大阪狭山市、河内長野市)
  • 和歌山市、海南市、橋本市、紀の川市、岩出市、かつらぎ町

上記地域以外でも対応可能です。まずは、お気軽にお問い合わせください。

 プロフィール

前川 俊輔(まえかわ しゅんすけ)
生年月日:1980年3月9日

資格

  • 平成15年11月 日商簿記2級 第4985号
  • 令和4年4月 精神保健福祉士 第98571号
  • 令和5年4月 社会福祉士 第285802号
  • 令和5年6月 社会保険労務士 第27230087号(令和2年度合格)
  • 令和6年4月 年金アドバイザー3級 157-2705-N3-0009

研修

  • 令和3年 認知症サポーター養成講座
  • 令和5年 大阪府ゲートキーパー養成研修
  • 令和6年 大阪府移動支援従業者養成研修(全身性障がい課程)
  • 令和6年 ストレスチェック実施者養成研修

学歴

  • 平成7年3月 奈良県五條市立五條中学校 卒業
    クラブ活動:軟式野球部所属
  • 平成10年3月 奈良県大和高田市立高田商業高等高校 卒業
    クラブ活動:硬式野球部所属
  • 平成14年3月 京都先端科学大学経済学部(旧:京都学園大学) 卒業
  • 令和5年3月 大阪保健福祉専門学校 卒業
    精神保健福祉科、社会福祉専攻科

職歴

  • 大学卒業後は、従業員300人規模の民間企業にて人事総務業務(給与計算、社会保険・労働保険の手続き等)を経験
  • 令和5年8月 前川社会保険労務士事務所 開業

趣味

 野球、お笑い、ジム

特技

 野球のノック

好きな言葉

 感謝

お気軽にお問い合わせください

LINEで相談したい方は

友だち追加

  

これまでの記事

PAGE TOP