ブログ

障害者雇用での給与の話

夜間の専門学校に通っているときは、昼間に福祉の事業所で障害者雇用として事務のアルバイトをしていました。引きこもりの期間が長く、最初は不安もありましたが、勤務先の方たちの配慮に感謝しつつ「心身のリハビリ」として、非常に貴重な時間となりました。そして、開業前に人とコミュニケーションがとれたことは、大きな収穫だったと思います。

給与は、障害年金の額より少なかったのですが、シンプルにうれしかったです。再び自分の力で稼ぐことができ「自信」につながりました。

最後に、下記は令和5年6月26日に「障害年金制度について」の議論が行われた第5回社会保障審議会年金部会(議事録)からの引用で、私も同感です。

障害を持って、働いて、何がしかの収入を得て、自立に近づいていけることが、ものすごくその人に生きる力を与えていく、目の光が変わったり、発言が変わったりすることがよくあると伺っています。そうやって社会参加を促してみんなで支えていく世の中をつくるという観点で、とても大切だと思いました。

関連記事

  1. 初診日の障害年金制度の種類について
  2. 前川社会保険労務士事務所を開業しました。
  3. 厚生労働省が障害厚生年金請求書の記入方法を動画で解説しています。…
  4. 面談で対話を重視している理由
  5. 障害年金のサポートで心がけていること
  6. 障害年金生活者支援給付金とは
  7. 障害厚生年金の配偶者の加給年金とは
  8. 初めて2級とは

お気軽にお問い合わせください

LINEで相談したい方は

友だち追加

  

これまでの記事

PAGE TOP