ブログ

指針で介護離職防止を要請 経済産業省

経済産業省は令和6年3月26日、企業による仕事と介護の両立に関する取組みを推進するため、全社調査の実施などを要請する指針を策定した。被介護者の要介護度や同居状況などの実態を、全従業員対象のアンケートや個別の聴取りにより把握するよう求めている。
このほか、両立支援にあたる専任役員の設置、経営陣の積極的な関与、従業員へのプッシュ型の情報提供、外部専門家の活用、相談窓口の設置なども求める内容となっている。

関連記事

  1. フリーランスの育児介護配慮「6カ月以上」の委託で義務化
  2. 企業の障害者雇用100万人突破
  3. 社員の健康増進を図る中小向け補助金創設
  4. 育児・介護休業法改正案 審議入り
  5. 育児・介護休業法改正案 衆院通過
  6. カスハラ対策義務化を検討へ
  7. 令和5年度の倒産件数3割増
  8. 営業秘密漏洩に関する相談が最多に

お気軽にお問い合わせください

LINEで相談したい方は

友だち追加

  

これまでの記事

PAGE TOP