ブログ

令和5年度の倒産件数3割増

東京商工リサーチは令和6年4月8日、令和5年度の全国倒産件数は前年度比31.6%増の9,053件だったと発表した。9,000件超となるのは9年ぶり。
産業別では、「サービス業他」の3,028件(34.9%増)が最多で、建設業の1,777件(39.5%増)、卸売業の1,048件(27.0%増)が続いた。倒産の原因としては、人手不足関連が2.4倍の191件、物価高関連が73.6%増の684件だった。

関連記事

  1. 教員の待遇改善 教職調整額を4%から10%以上に
  2. フリーランスの育児介護配慮「6カ月以上」の委託で義務化
  3. 育児・介護休業法改正案 衆院通過
  4. 国保など保険料への金融所得の反映を検討開始
  5. テレワーク中の長時間労働で労災認定
  6. 社員の健康増進を図る中小向け補助金創設
  7. 企業の障害者雇用100万人突破
  8. 介護保険料が月6,225円に上昇

お気軽にお問い合わせください

LINEで相談したい方は

友だち追加

  

これまでの記事

PAGE TOP