ブログ

令和5年度の有効求人倍率は1.29倍 3年ぶりに低下

厚生労働省の令和6年4月30日の発表によると、令和5年度の有効求人倍率(季節調整値)は1.29倍(前年度比0.02ポイント減)で3年ぶりに前年を下回った。
コロナ禍後に増加した宿泊業や飲食サービス業の求人が減少し、原材料の高騰の影響で製造業や建設業も求人が少なかった。月平均では、有効求人数は約247万人(同1.6%減)で、有効求職者数は約192万人(同0.1%増)だった。

関連記事

  1. カスハラ対策義務化を検討へ
  2. 社員の健康増進を図る中小向け補助金創設
  3. 育児・介護休業法改正案 審議入り
  4. フリーランスの育児介護配慮「6カ月以上」の委託で義務化
  5. 教員の待遇改善 教職調整額を4%から10%以上に
  6. 営業秘密漏洩に関する相談が最多に
  7. 国保など保険料への金融所得の反映を検討開始
  8. 指針で介護離職防止を要請 経済産業省

お気軽にお問い合わせください

LINEで相談したい方は

友だち追加

  

これまでの記事

PAGE TOP