ブログ

育児・介護休業法改正案 衆院通過

育児・介護休業法などの改正案が、令和6年5月7日の衆院本会議で全会一致により可決され、衆院を通過した。子どもが3歳から小学校に入学する前まではテレワークや短時間勤務など、従業員が複数の働き方を選べる制度の導入を企業に義務づけるほか、介護期間中はテレワークの導入を企業の努力義務とするなどが盛り込まれている。
次世代育成支援対策推進法では、100人超企業に男性育休の数値目標設定、公表を義務づける。

関連記事

  1. 令和5年版 労働経済白書
  2. テレワーク中の長時間労働で労災認定
  3. 国保など保険料への金融所得の反映を検討開始
  4. 指針で介護離職防止を要請 経済産業省
  5. 令和5年度の有効求人倍率は1.29倍 3年ぶりに低下
  6. 営業秘密漏洩に関する相談が最多に
  7. カスハラ対策義務化を検討へ
  8. 企業の障害者雇用100万人突破

お気軽にお問い合わせください

LINEで相談したい方は

友だち追加

  

これまでの記事

PAGE TOP