ブログ

カスハラ対策義務化を検討へ

厚生労働省は、労働施策総合推進法を改正し、企業にカスタマーハラスメント防止策を義務付ける検討に入った。対応マニュアルの策定や相談窓口の設置など、従業員を保護するための対策が想定される。自民党のプロジェクトチームも令和6年5月13日に提言案をまとめており、政府が6月にも取りまとめる「骨太の方針」に対策の方向性が盛り込まれ、労働政策審議会でカスハラの定義など慎重に議論される見通し。

関連記事

  1. 令和5年度の有効求人倍率は1.29倍 3年ぶりに低下
  2. 改正子ども・子育て支援法が成立
  3. 指針で介護離職防止を要請 経済産業省
  4. 育児・介護休業法改正案 審議入り
  5. 育児・介護休業法改正案 衆院通過
  6. テレワーク中の長時間労働で労災認定
  7. 教員の待遇改善 教職調整額を4%から10%以上に
  8. 令和5年版 労働経済白書

お気軽にお問い合わせください

LINEで相談したい方は

友だち追加

    

これまでの記事

PAGE TOP