ブログ

営業秘密漏洩に関する相談が最多に

警視庁が令和6年4月11日に公表したまとめによると、全国の警察が令和5年に摘発した営業秘密侵害事件は26件で過去2番目に多く、警察への相談件数(78件)は最多だった。転職者の不正持出しが多く、転職者数の増加が背景にあるとみられる。
令和6年4月施行の改正不正競争防止法では、営業秘密の使用等の推定規定の適用対象に産業スパイに加えて元従業員や業務委託先等が追加され、訴訟が増えるとみる弁護士もいる。

関連記事

  1. 教員の待遇改善 教職調整額を4%から10%以上に
  2. 育児・介護休業法改正案 衆院通過
  3. 令和5年版 労働経済白書
  4. 育児・介護休業法改正案 審議入り
  5. テレワーク中の長時間労働で労災認定
  6. 国保など保険料への金融所得の反映を検討開始
  7. カスハラ対策義務化を検討へ
  8. 令和5年度の有効求人倍率は1.29倍 3年ぶりに低下

お気軽にお問い合わせください

LINEで相談したい方は

友だち追加

  

これまでの記事

PAGE TOP