ブログ

教員の待遇改善 教職調整額を4%から10%以上に

中央教育審議会の特別部会は令和6年5月13日、教員の残業代の代わりに上乗せする「教職調整額」を基本給の4%から10%以上にすることなどを盛り込んだ教員確保に向けた総合的な対策案を了承した。中教審は、今後対策案をもとに答申をまとめる。文科省は令和7年の通常国会に教職員給与特別措置法(給特法)の改正案を提出する方針で、教員の待遇改善を目指す。

関連記事

  1. 指針で介護離職防止を要請 経済産業省
  2. テレワーク中の長時間労働で労災認定
  3. 介護保険料が月6,225円に上昇
  4. カスハラ対策義務化を検討へ
  5. 年度更新・算定基礎の動画(厚生労働省)
  6. 育児・介護休業法改正案 衆院通過
  7. 令和5年度の倒産件数3割増
  8. フリーランス新法 令和6年11月1日施行

お気軽にお問い合わせください

LINEで相談したい方は

友だち追加

    

これまでの記事

PAGE TOP