ブログ

生計維持とは

障害厚生年金は配偶者加算、障害基礎年金は子の加算があります。共通する条件として「生計維持」があります。「生計を維持されている」とは、原則次の要件をいずれも満たす場合をいいます。

  1. 生計を同じくしていること。(同居していること。別居していても、仕送りをしている、健康保険の扶養親族である等の事項があれば認められます。)
  2. 収入要件を満たしていること。(前年の収入が850万円未満であること。または所得が655万5千円未満であること。)

関連記事

  1. 厚生労働省が障害厚生年金請求書の記入方法を動画で解説しています。…
  2. 障害認定日請求とは
  3. 令和6年度 年金額改定 基礎年金満額80万円超えだが・・・
  4. 厚生労働省の動画「わたしと年金」①
  5. 傷病の原因と初回の相談について
  6. 障害者雇用での給与の話
  7. 精神障害者保健福祉手帳の申請
  8. 厚生労働省の動画「わたしと年金」②

お気軽にお問い合わせください

LINEで相談したい方は

友だち追加

  

これまでの記事

PAGE TOP