ブログ

療養生活について②

前回は薬の選定でしたが、今回は医療機関の選定です。通院がメインでしたが、精神科病院の入院も少々あり、計7か所の医療機関にお世話になりました。
重要視したのは「主治医の先生」との相性でした。やっぱり合う合わないは、あると思います。

<追記>
医療機関を転々としてきましたが、いつも「初診」は緊張しました。 その時に、あらかじめWordでこれまでの通院歴や症状・出来事等を簡潔にまとめた書類を先生に渡していました。
理由は、しんどくてうまく話せる自信がなかったからです。 これで診察もわりとスムーズにいきました!

関連記事

  1. 障害年金の制度改正に向けた議論が行われました。
  2. 厚生労働省の動画「わたしと年金」②
  3. 障害年金のサポートで心がけていること
  4. 厚生労働省の動画「わたしと年金」①
  5. コロナ後遺症による障害年金は?
  6. 生計維持とは
  7. 保険料納付要件:なぜ初診日の「前日」なのか
  8. 国民年金保険料の納付期間、5年延長案について

お気軽にお問い合わせください

LINEで相談したい方は

友だち追加

    

これまでの記事

PAGE TOP