ブログ

印象に残った講師の言葉

「過去は変えれないが、過去の意味は変えることができる」。
大阪保健福祉専門学校時代、偶然にも2人の講師の先生が同じことをおっしゃっていたので、とても印象に残っています。

私の30代はうつ病でひきこもりが大半を占め、当時を振り返ると「悲観」しかなかったです。
でも、この言葉を授業で聞いたとき「素直に過去と向き合い、少しは前を向いているから、今この学びの場に自分はいるのかな」と思い、勇気づけられ自信を持つことができました。

40代で再び社会に出て、お仕事をさせていただける喜びを感じながら、今でもこの言葉は私の大きな支えとなっています。

関連記事

  1. ストレスチェック実施者養成研修
  2. 開業して3ヵ月が経ちました。
  3. 開業して想うこと
  4. 大阪いずみ支部「日帰りバスツアー」に参加
  5. 新規開業に向けての会に参加しました
  6. 第26回精神保健福祉士国家試験 合格発表
  7. 名刺のデザインを変更しました
  8. 「障がい者雇用」に関するセミナーに参加

お気軽にお問い合わせください

LINEで相談したい方は

友だち追加

  

これまでの記事

PAGE TOP