ブログ

企業の28%で従業員からカスハラ相談

令和6年5月17日に公表された厚生労働省の調査結果(「職場のハラスメントに関する実態調査報告書」)で、過去3年間で従業員からカスタマーハラスメントについて相談を受けたと回答した企業が約28%に上ることが、わかった。
また就職活動やインターンシップを経験した男女への調査では、約3割がセクハラ被害に遭ったと回答したことも、明らかとなった。

関連記事

  1. テレワーク中の長時間労働で労災認定
  2. 60歳以上の労災3.9万人、8年連続の増加に
  3. 企業の障害者雇用100万人突破
  4. 国保など保険料への金融所得の反映を検討開始
  5. 過労死防止大綱見直しへ フリーランス保護の充実盛り込む
  6. 大卒就職率 過去最高の98.1%
  7. 令和5年度の倒産件数3割増
  8. 改正育児・介護休業法が公布

お気軽にお問い合わせください

LINEで相談したい方は

友だち追加

    

これまでの記事

PAGE TOP