ブログ

改正育児・介護休業法が公布

令和6年5月31日、改正育児・介護休業法が公布された。これまで支援の中心は「3歳に満たない」子を養育する労働者だったが、「小学校就学の始期に達するまで」に拡充され、子を育てながら柔軟に働けるような制度の導入が企業に義務付けられる。さらに、男性の育児休業取得率の公表を求められる企業が1,000人超から300人超へと拡大される。

関連記事

  1. フリーランス新法 令和6年11月1日施行
  2. 営業秘密漏洩に関する相談が最多に
  3. 社員の健康増進を図る中小向け補助金創設
  4. 教員の待遇改善 教職調整額を4%から10%以上に
  5. 育児・介護休業法改正案 審議入り
  6. カスハラ対策義務化を検討へ
  7. 令和5年度の有効求人倍率は1.29倍 3年ぶりに低下
  8. 指針で介護離職防止を要請 経済産業省

お気軽にお問い合わせください

LINEで相談したい方は

友だち追加

    

これまでの記事

PAGE TOP